皆さんはどんな洗顔をしていますか?

雑誌やテレビ、インターネットでも様々な洗顔方法を見かけますよね。

どの方法が正しいのか分からないくらい情報が沢山あって、私も肌トラブルで悩んだ時にはそういう情報に頼ったりもしてしまいます。

非常にありがたいです。

ですから私も肌トラブル、特にニキビや吹き出物でどうしたらいいのとお悩みの方に少しでも役立つようにオススメの洗顔方法を紹介しようと思います。

まず第一に洗顔の回数なのですが、これは一日二回までにとどめてください。特にオイリー肌の人は肌が脂っぽいからと言って洗い過ぎると乾燥した肌が潤いを求めて脂を作ろうとしますので余計に脂が浮いて来る結果になってしまいます。

乾燥肌の人は勿論、乾燥を招いてしまいますので洗顔の回数は二回まで、そしてできれば朝の洗顔は洗顔料を使わずにぬるま湯だけで行うのがベストです。

そしていざ洗顔ですが、顔をぬるま湯で濡らしましょう。

熱すぎるお湯は肌を痛めますので気を付けてください。

その後しっかり泡立てた洗顔料で顔を洗います。泡が毛穴の中の汚れや皮脂を取ってくれますので、泡はできるだけ弾力のあるきめ細やかな泡が良いです。

手だけではなかなか作りにくいので、洗顔ネットを使うと簡単にきめ細やかな泡ができますよ。

泡を顔につけたら、まずはティーゾーンです。おでこをくるくると中心から外側に円を描くように、鼻筋は指先でなぞるように洗います。

頬も円を描くように洗ったらユーゾーンも忘れずに洗ってください。

絶対に力を入れないようにしてくださいね。

爪先を立てるなんて勿論NGですが、指で洗うよりも泡で洗うくらいの優しさで、お肌を泡で包むように洗ってください。

洗顔料を落とす時に最も気を付けるべきことは洗顔料の流し忘れです。

特に髪の毛の生え際や顎の下、耳の下などは洗顔料が残りがちになって、結果それが肌にトラブルを招いてしまいます。

流す時に良く確かめて洗顔料がお肌に残らない様にしましょう。

洗顔料を落としたら清潔なタオルで顔を優しく拭きましょう。

タオルには雑菌が繁殖しやすいです。折角洗顔をしたのに雑菌まみれのタオルで顔を拭いては台無しです。必ず清潔なタオルを使いましょう。

拭く時もゴシゴシこすると肌に傷がつきますので、顔を優しく押さえ水分をタオルに吸い込ませる感じで拭いて行きます。

私のおススメ洗顔方法は以上です。

洗顔が終わったらすぐに化粧水などを使ってきちんと保湿をしましょう。

ニキビの原因は誤った洗顔方法をしているということだけではなく生活環境も大きく関わっているので一概に洗顔を変えればニキビゼロになるとは言えません。

ですが優しくお肌を労わる洗い方をして泡を残さず清潔にしていると、ニキビによる肌トラブルは格段に減少します。

私が書いたのは洗顔方法の一例でしかありません。ここは使える、ここは駄目、色んな意見があると思いますし、私も今まで知った情報の使える部分だけを使ってこういう洗顔方法に今は落ち着いています。

皆さんも自分の肌質とよく相談し、自分に合った理想の洗顔方法を見つけてみてくださいね!