子供が離乳食をはじめるようになって便秘がちになりました。

便秘でお腹が張って苦しいのか、機嫌が悪くてぐずがります。また、食事を思うように食べてくれないこともあります。

大人の場合、1週間でなくても平気な人がいるようですが、便秘とは体内に老廃物がたまった状態で健康によくありません。

子供が食べてくれなかったり機嫌が悪いなどの変化が見られ、子供の健康に悪影響が出るのではないかと思い、便秘が解消できるように努力をしてみました。

母乳育児をしているときは毎日快便でした。母乳を飲んで水分をたくさんとり、便が柔らかくなって排便しやすくなったり、母乳に含まれる成分が腸内の善玉菌を増やしてくれるそうです。

しかし、離乳食が始まると水分摂取量が減ったり、腸内環境が変わって便秘がちになることが。

まずやってみたことは、水分摂取量を増やすことです。水を与えてみたのですが、おいしくないのか飲んでくれません。

哺乳瓶で与える、スプーンで与えるなど工夫をしてみましたがダメです。そこで、赤ちゃん用の麦茶を与えてみました。

麦茶なら飲んでくれます。でも、便秘は解消しませんでした。

オリゴ糖がいいと聞いたので、オリゴ糖も与えてみました。

オリゴ糖とは単糖類が数個から数十個つながった糖類のことです。

消化されにくく大腸にまで届き、善玉菌のエサになります。

オリゴ糖にはガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖、大豆オリゴ糖、ラフィノースなどいくつか種類があります。

どのオリゴ糖がいいのか悩んだのですが、ラフィノースを与えてみました。

他のオリゴ糖は、乳製品や大豆などから化学成分を使用して作られているのですが、ラフィノースは天然のオリゴ糖です。

天然だから安心感があり、小さな子供に与えても大丈夫かなと思いました。

私が購入したラフィノースは粉末状になっているので、飲みものに混ぜて溶かして与えました。麦茶を飲んでくれるので、麦茶に加えています。
オリゴ糖を与えてすぐには変化がなく、やっぱりダメなのかなとあきらめかけていました。

しかし、1週間ほど与え続けていたら、少しずつうんちの状態がよくなってきました。今まではコロコロとしたうんちが少ししか出ていなかったのですが、バナナ状のうんちに変化してきました。

オリゴ糖の影響かなと思ってしばらく与え続け、毎日健康的なうんちがでるようになりました。

毎日うんちがでるようになると、子供の機嫌が少しよくなった気がします。