妊娠6ヶ月目に入ったころです。子供が引いていた風邪をもらってしまったのです。

普段めったに風邪を引かない健康なからだの私が、まさか妊娠中に風邪を引くなんて!!という思いでした。

一人目妊娠のとき、まったく何のトラブルも無く穏やかな日々を過ごしたイメージのままの二人目妊娠、そして、

「冬じゃないし、インフルエンザもないし、風邪なんて引かないでしょ」と油断していた結果かなと後悔しました。

しかし、この風邪だけでは終わらず、ここから1ヶ月におよぶ薬漬け生活がはじまったのです。

img_7961

img_7959

 

風邪の引き始めに産婦人科から鼻と喉の漢方薬をもらって飲んでいたのですが、

夫から「漢方薬も副作用があるみたいだよ」と言われ、

心配になった私はそこで飲むのをストップしました。

その後、咳の症状が出始め薬は飲みたくないけど咳を何とかしてほしい私は内科へ・・・。

妊娠中のため、咳止めだけが処方されました。

薬をやっぱり信用できないわたしは、

咳ぐらい自分が耐えればいいだけだ、

と自力で治すことを決意したのでした。

この決断がさらに風邪を悪化させる原因になってしまったのです。

それから一週間後、夜中に耳が痛くて起きました。そして眠れない。

次の日急いで耳鼻科へ行った結果、「中耳炎ですね、妊婦でも飲める抗生剤出しておきます。」

抗生剤!?大丈夫なの?不安でいっぱいになってしまいました。

ネットで処方された薬について調べましたが、「飲まないほうがいい」

「病院で処方されたならちゃんと飲んで治すべきだ」など色々な意見や情報があって、

もっと不安になってしまいました。

さすがに中耳炎じゃあ自力で治すとか言ってはいられないと思い、

今回ばかりは薬を飲んで早く治そうという考えに落ち着きました。

しかし、さらに悪いことにそのまた次の日には顔が痛くなったのです。

またまた耳鼻科に駆け込むことに・・・。

img_7972

img_7969

今度は副鼻腔炎でした。

抗生剤追加プラス膿・痰を出しやすくする薬、痛み止め、咳止め。

薬、咳、顔の痛み、

こんなに色々あっておなかの赤ちゃんは大丈夫なのかものすごく心配になりました。

「ごめんね赤ちゃん、私が苦しい痛いはきっと赤ちゃんにも伝わっているよね。」

結局、最初の風邪から約一ヶ月間こんなことが続き、

ほとんど寝たきり状態でした。

夏休みだというのに子供とも遊んであげられず、

かわいそうな事をしたなと反省しました。

私の中で残りの妊娠生活、うがい手洗いはもちろん外出時はマスク、R-1を飲んで風邪予防しようと思います。

妊婦の免疫力低下には注意です。